満腹サポート

かつおけずりのキャットフードとは

昔は犬や猫には人間の食べ物をあげることが多く、ご飯にかつおぶしやみそ汁をかけた物は今でも猫まんまと呼ばれています。
今は人間の食べ物を食べさせるのは良くないというのが常識になっているので、さすがに猫まんまをあげているという人はいないと思います。

かつおぶしは好きだけど、人間用のものをあげるのは良くないのではないか、という人のために猫用のかつおぶしが売られています。
猫用のものには減塩タイプがあるので、人間用のものよりも安心です。
では、かつおぶしは食事として与えるのと、おやつなどにするのはどちらがいいのでしょうか。

実は、かつおぶしは猫にはあまりよくありません。
塩分はそこまで気にするほどではありませんが、かつおぶしにはマグネシウムがたくさん含まれています。
猫はおしっこを凝縮して少量にしてから排出するのですが、おしっこが濃くなってしまうので結石になりやすいんです。
マグネシウムは結石の原因となるので、欲しがるからといってあげすぎるのはよくありません。
結石の他にも腎臓を悪くしてしまうこともあります。

また、カツオなどの青魚にはDHAが含まれています。
このDHAは人間にとっては良い成分とされていますが、猫にとってはかならずともそうとは言えません。
DHAをとるとビタミンEが不足しやすく、ビタミンEが不足することで皮下脂肪がたまり炎症をおこすイエローファットという病気になることがあります。
かつおぶしだけでなく、煮干しなどもあげすぎてはいけないのです。

では、かつおぶしやかつおけずりを使用したキャットフードなどは絶対にあげてはいけないのでしょうか。
猫がとても好むものなので、食欲がないときやおやつなどに、一つまみくらいの量を振りかけるhttp://www.mosaictapas.com/seasoned-powder.htmlようにしてあげるようであれば問題ありません。
毎日お皿いっぱいにあげるなんていうことはせずに、たまにあげたり少なめをこころがけるようにしましょう。

できれば人間用ではなく、猫用の塩分の少ない物をあげましょう。
マグネシウムの取り過ぎにならないように、キャットフードと合わせて量を管理してあげるといいですね。
猫の好きな物を無理に取り上げる必要はないので、適量を守ってあげてください。