満腹サポート

キャットフードの価格はどれくらいなの?

キャットフードにはいくつか種類があります。
カリカリなどと呼ばれるドライフードは安価で保存期間も長く使いやすいので、主食としてよく用いられます。
ウェットフードhttp://www.staynky.com/wet.htmlと呼ばれる缶詰やレトルトパウチになったものは味は良いのですが価格が高いのが難点です。
それぞれどのくらいの値段で買えるのでしょうか。

ドライフードは価格の幅がとても広いです。
安いものは1キロ500円以下から、高いものになると4000円以上にもなります。
高いものというのも色々あり、素材にこだわったものや添加物を使用していないもの、持病がある猫用の療養食などはどうしても高くなってしまいます。
これらはその目的のためであればいくらでも払う、という人向けなので、健康だったりそこまでこだわらないという人にとっては縁のないものです。

1キロ500円以下の低価格帯のものはどういったものかというと、添加物やかさ増しの穀物などの割合が多かったり、1袋の量が多いものがほとんどです。
量の多いパッケージになるほど安くなりますが、開封してから時間が経つと酸化して味も落ちますし猫の健康にもよくありません。
成猫の1日の食事量がドライフードで約60g程度なので、1ヶ月分だと約2キロです。
保存のことを考えると1ヶ月くらいで食べきるのが理想なので、猫の数×2キロ程度のパッケージのものを選ぶといいと思います。
ですので、多頭飼いでなければ極端に安いものは避けた方が良いでしょう。
無添加http://www.tsukuruu.jp/mutennkanokyatxuto.htmlなど、ある程度の質を求めるのであれば、標準的な値段は1キロ800~1000円程度のようです。

缶詰などのウェットフードは、1食50~200円程度が相場です。
ウェットフードは肉や魚がほとんどなので、どうしても高くなりがちです。
また、ウェットフードだけを与えていると肥満になりやすいので、ドライフードなどと併用するのが一般的です。
安いものは添加物などの原材料を確認してから購入http://www.feesummit.com/senntakusurutoki.htmlした方が安心です。

商品の質による値段の差もありますが、まとめ買いやネット購入など買い方によってもかなり値段が変わってきます。
良いものはどうしても高くなってしまいがちなので、購入方法も工夫して、なるべく良い物を買ってあげたいですね。
原材料表示を確認する時には、使用されている割合が多い順に記載されているので、一番最初に何が書かれているかもポイントですよ。