満腹サポート

体質によるキャットフードの選び方とは

キャットフードは猫が喜んで食べてくれることはもちろんですが、食事が原因で体調を崩してしまうなんていうのは避けたいですよね。
体質によっては合うもの、合わないものがあるので、飼い主が見極めてあげましょう。

同じキャットフードであっても、体質に合っていないものを与えると体調を崩すこともあります。
キャットフードが合っているかどうか判断する基準として、便の様子を観察するという方法があります。

体質に合っていない場合、うまく消化できなかったりして下痢や軟便になりやすいです。
特に下痢の場合は、消化が十分にできていないため、せっかくの栄養が吸収できていません。
市販のキャットフードには下痢を隠すために水分を吸収して固める成分が入っていることもあるので、軟らかいということだけでなく、便の中に未消化の塊が入っていないかも見ておきましょう。

では何が原因で体調を崩してしまうのでしょうか。
市販のキャットフードにはたくさんの添加物http://www.blockblog.jp/kikennnamono.htmlが使用されています。
食べても問題ない猫もいれば、添加物に過敏に反応してしまう猫もいます。
他の物は大丈夫なのに、特定の添加物だけがダメということもあります。
添加物は猫にとってはあまりいいことはないので、極力余分な添加物の入っていない物を選びましょう。
また、添加物が原因だと思われる時には、どんなものが使われているのかを確認しておきましょう。
他のものに変えても不調が続く時には、何が原因なのか突き止めやすくなります。

胃腸が弱かったりアレルギー体質の猫には、穀物が入っているキャットフードは負担になったり、アレルギー症状が出てしまうことがあります。
逆に便秘になりやすかったり、肥満気味の猫http://www.kounia.org/taijyuuu.htmlは食物繊維を摂った方がいいので、穀物入りのキャットフードが向いています。
ですが、穀物は消化吸収があまり良くないので、吸収しやすいようにしてある商品を選ぶのがいいでしょう。

猫一匹一匹に個性があるhttp://www.revitalcohen.com/nekosyu.htmlように、体質もそれぞれ違います。
その日の体調や成長によっても変わっていくものなので、ずっと同じものをあげていればいいというわけでもありません。
猫の体調を常に気にして良く観察するようにしましょう。