満腹サポート

チーズのキャットフードとは

実は猫の好みが国によって違うというのをご存じでしょうか。
子猫の時にどんなものを食べたかで好みが変わってくるそうです。
日本では魚ですが、イタリアではパスタ、インドではカレーが好きだというからびっくりです。

どこの国の猫でも好きなものの上位にあげられるのがチーズです。
チーズは牛乳を凝縮して発酵させることによって作られます。
原料の牛乳が好きだという猫は多いですよね。
だから本能的にチーズが好きだという猫が多いのでしょう。

100gのチーズを作るのには、10倍の1000mlの牛乳が必要なので、出来上がったチーズは栄養がとても豊富です。
良質なタンパク質やカルシウムなどがたっぷり入っているので、とても良い食品です。
そのままやかにかまなどに混ぜられたおやつや、ドライフードにチーズが入っているものなど、チーズの入ったキャットフードは色々あります。
では、猫にあげても良いのでしょうか。

チーズ自体は猫にあげても問題ありません。
人間と一緒で牛乳を飲むとお腹を壊す猫もいるのですが、チーズは加工されているのでお腹は壊しにくいです。
ですが、もし与えてから下痢をするようであれば、絶対に必要なものではないので避けた方がよいでしょう。
また、カロリーが高く尿結石の原因にもなるので、あげすぎには注意が必要です。
逆に少量でもたくさんの栄養が摂れるので、食欲の落ちてしまった猫や、運動量が多かったり成長期などでたくさんの栄養が必要な猫などにあげるのにぴったりです。
猫が好む味なので、食が進まない猫でも食べてくれる可能性が高いです。
ただ、チーズ入りのキャットフードに慣れてしまうと、普通のキャットフードを食べてくれなくなってしまうかもしれません。

猫はキャットフードが大好きhttp://wildlife-gardening.com/nkonodaisukina.htmlですから、チーズに限らず、おやつのあげすぎは禁物です。
チーズ自体は少量で良質の栄養が摂れる素晴らしい食品ですので、うまく管理しながらご褒美などにあげると良いのではないでしょうか。
猫が喜んで食べてくれるのは嬉しいですよね。